アリーナ

「アリーナ」で検索

「ドラゴンクエスト4(ドラクエ4、DQ4)」のチャプター主人公、パーティーメンバーの一人。サントハイム王国の姫だが、部屋の壁を破壊するほどの怪力を持つ武闘家でもある。毛先がカールした茶髪のセミロングでとんがり帽子を被っている。16歳という年相応のスタイル。

魔に堕ちる姫


エビルプリーストが現れた!導かれし者達は全滅してしまった…なんとエビルプリーストはアリーナを連れ去った!この娘の身体は進化の秘法の実験台にさせてもらおう…「ここは」気が付いたか。ここは魔界よ。貴様らの仲間たちはしばらく助けにはこられまい。「私に何をする気?」貴様の肉体はたぐいまれなる潜在能力を秘めているのでな。進化の秘法の実験台にさせてもらおう!「しんか?そんなのいや!」
「なにこれ、身体が…いや…」アリーナの肉体は激しく変形し、衣服は破れ裂け、青色の肌が露わになる。彼女の身体の皮膚の一部は硬化し、尻からは大きな尻尾が生えていた。アリーナの肉体は完全に魔族へと変貌してしまった!「私の身体が…いや!」悲しい咆哮が魔界に響き渡った…肉体面での変化はまずは成功といったところか…しかしまだまだ不十分だ。貴様には身も心も魔族になってもらう!「なにをする気!」決まっておる。お前の中に更なる魔を注ぎ込むのだ。「やめろ!」ここはもうしっかり魔を受け入れられる身体になっているようだな。上々だ…エビルプリーストの巨大な男根をすんなりと受け入れた!「うそ…こんな!」そらそら。「いや!」エビルプリーストの巨大な男根を飲み込み、大きく尻尾を揺らしながらも受け入れ続ける。「こんなのだめ!」さあ!魔を受け入れるのだ!「いや…」口ではそういってもお前の身体は魔を受け入れているようだぞ。心とは裏腹にその魔族の肉体は魔の精液を浴び、快楽に打ち震え続けた…
飢えたオーク共のはびこるこのダンジョンに放置してやる。「いや…」アリーナは壁に縛りつけられダンジョンに放置された。やがてそこに二匹のオークがやってくる。見ろよ。魔族の女が縛りつけられているぜ。こりゃいい眺めだ。「違う!私は人間よ!」それを聞くとオークはゲラゲラ笑う。どこからどうみたって魔族じゃねえか!まったくだぜ!口でいくら否定しようとも今のアリーナの姿は魔族そのものだった…彼女は悔しさと恥ずかしさに涙をにじませる。こんなところに縛られているところを見るとおしおき中らしいな…俺たちもおしおきのお手伝いをしてやるか!なんだこいつ!がばがばじゃねえか!なんだよ。若い魔族の雌かと思ったら尻もユルユルだぜ!魔族となった彼女の身体にオークのペニスは容易く入り込む。竜の魔族となった彼女の性器にはオーク達の男根は小さすぎるのだ。「うそ…私の身体どうなっちゃったの?」オーク達は激しく身体を動かした。がばがばでも激しく突けば感じてしまうみてえだな。下の方の締りもこうするとなかなか悪くはねえな。おらおら!オーク達は犬のように激しく腰をカクカク動かし始める。彼らの細長いペニスは膣の奥深くまで彼女を貫いた。「だめ…そんな激しく突いちゃ!」これくらいでなに言ってやがる!もうでちまった。最近女を抱いてねえからな。「こんなに中に出された…」膣に溢れるオークの精液のぬくもりを感じながら、屈辱的な気持ちと同時に微かな喜びを感じている自らの肉体に戸惑いを隠せなかった…